176091826_279298653830165_76814194146580
176294005_843430646238443_60374126950252

渡辺 寛丈 証し

私は日本で生まれ、とても伝統的な日本の武家で育ちました。保守的な日本の武士の家族から来たので、私にとってイエス様を信じる機会は一度もありませんでした。

 また、私は神を信じていませんでした。

 

私が子供の頃、両親は両方とも働いていて、夜遅くまで家にいませんでした。

兄が1人いますが、あまり私のことに興味を示してくれませんでした。

 

私はいつも家族に愛されていないと感じていました。

 

成長の過程においても、本当の愛が何を意味するのかわからなかったので、私の心は空っぽでした。

私の高校は本当に真っ暗で、最悪の生徒は他の生徒をいじめていました、そして私は本当に不幸で不公平が起こっていると感じたので、私はこれらの暴力的な子供たちと戦っていました...

 

子供の頃から私の家族は壊れていて、私の高校は本当に混乱していて、私はそこから自由になりたいと思っていました。

 

高校卒業後、新しい生活を始めて家族から離れたいと思ってアメリカに行ったので、日本に別れを告げました。

 

私の生活はガラッと変わりましたが、私の空虚さは全くなくなりませんでした。

 

数年後、私は自分の仕事と人生におけるポジションを失いました。

そのため私はいとも簡単に落ち込み、そして死んで人生を終わりにしたいと思うようになりました。

人生を終える前に、ワシントン州の家族に戻りたいと思っていました。

175537287_2571846362939703_4961663342056

私はカナダのトロントから彼らに電話し、「私は家族のみんなが大好きだよ。でも、もう私の人生は終わった」と彼らに話しました。

 

その頃私のクリスチャンの友人は私を助けようとしていました。私は結局ウィスコンシン州のマディソンに行きました。そこに友達に呼ばれて行ったのですが、そこがユース・ウィズ・ア・ミッション(YWAM)の拠点だとは知りませんでした。

 

YWAM宣教師たちはみんな私に親切で私の世話を焼いてくれました。

しかし、私は頑固でイエスを受け入れることができませんでした。

 

ある日、私は神に尋ねていました。 「もしあなたが神なら、助けが必要だと言ってください。でも行き詰まったと感じているのでどうしたらいいかわかりません。」

その時窓は閉まっていましたが風が中に入って、隣にいた友達の聖書が開かれ、私は聖書に目を向けました。

 

「真実の御霊。世界は彼を見ることができず、彼を知らないので、彼を受け入れることはできません。しかし、あなたは彼を知っています。彼はあなたと一緒に住んでいて、あなたの中にいるからです。私はあなたを孤児のままにしません。あなたのところに行きます。やがて、世界は私を見ることができなくなりますが、あなたは私を見るでしょう。私が生きているので、あなたも生きます。」ヨハネ14:17-19 NIV

 

 私は神が私に「あなたは私の息子であり、私はあなたを愛しています」と話しているのを感じました。

 

私は赤ちゃんのように泣きました...

 

翌日、YWAMベースディレクターに「クリスチャンになるには遅すぎますか?」と尋ねました。

 

彼は私に「手遅れになることは決してない」と言った。

 

私は同じ日にイエスを受け入れ、彼は私にバプテスマを授けました。

 

それは1996年の夏でした。

そしてその日以来、私はイエス様に従っています